データ分析のプロ!データサイエンティストに転職しよう

 
  • 芝生の上のPC

2007年生まれの職業

キーボードとマウス

そもそも、データサイエンティストという職業が生まれたのはいつなのか。そして今どのような能力を持つ人材が上手に転職をすることができるのか、チェックしてみましょう。

READ MORE

サイエンティストの給料

PCとメガネ

転職の理由として、給料面のことを挙げる人は少なくないと思います。データサイエンティストの場合も、募集する企業によって提示する給料はさまざまです。しっかりチェックしていきましょう。

READ MORE

データの科学者

PCモニター

データサイエンティスト、直訳するとデータの科学者。そんな職業が今、注目されています。ウェブサービスを開発、提供する企業の中に入って「データサイエンス」を仕事にする人のことです。ウェブサービスの存在感が日増しに高まり、誰もがウェブサービスを生活に役立てている今、データサイエンティストの役割は非常に大きなものになっているのです。だからこそ、多くの求人を見ることができます。転職用の求人サイトでも、多く目にします。
特にここでは、現在すでにデータサイエンティストとしてのノウハウを持ち、転職の機会を伺っているという人に役立つ情報を提供していきたいと考えています。
データサイエンティストとして転職するときに考えるべきことは何か?ぜひ、参考にしていただきたいと思います。

データサイエンスと聞くと何だか厄介なモノのように思われますが、原理自体はそう難しいものではありません。
ウェブサービスが存在するときに欠かせないビッグデータというものの分析を行うことが、すなわちデータサイエンスであり、それを手がける人こそがデータサイエンティストなのです。
ビッグデータとは、たとえばあるウェブサービスに関する利用者の情報です。利用者が何人いるのか、いつどんなときにサービスを利用したのか…そういった膨大なデータがビッグデータです。コレを正しく分析することで、サービスの精度をより高める改良などをすることが出来るようになります。
今、ウェブサービスを提供している企業の多くが自社サービスのさらなる向上を模索しているところなので、転職を希望する人はまさに「引く手数多」の状態です。
上手く仕事を把握し、良い企業に転職しましょう!

相談できる転職サイト

デスクワーク

初めて転職を経験するという人もいるでしょう。そんな人に利用してもらいたいのが、「相談できる転職サイト」です。データサイエンティストとしてどうすれば転職に成功できるか、道を知ることができます。

READ MORE

 
 
 
 

Copyright(c) 2016 データ分析のプロ!データサイエンティストに転職しよう